日記 白血病

入院50日目 今日の出来事

向かえのおっちゃんが、
夜中、いい加減うるさかったので言わせてもらった。

お菓子の袋をカシャカシャやるんです。

今日で3日目。

初日は看護師に言いました。
一応ね。

看護師がおっちゃんに言ったかどうか知らないけど
こうも3日連続で夜中1時間以上カシャカシャやって

こっちは寝れなくてはストレスだわ!

そこで分かったことが2つ。

一つ目。


なんて言ったかというと
「お父さん、いい加減、カシャカシャうるさいわ!
ちょっと勘弁して!」

そしたら、カシャカシャがピタっと止まったんだけど
何も言わず。

思わず「聞こえてんの?」
って聞いたら「はい」って。

あぁ、人は事なかったことにしよるのね。

二つ目。

以前からそんな話をリハビリの先生としていて
「今日はもういい加減なので言っちゃいましたわ!」
と言ったら

「あんた刺されるよー💦無理しないで看護師さんに言いなさいよー💦」

と言われた。

その辺、バカじゃないんで
色々と天秤にかけて、
結果、直接言おうと判断して言ったわけだ。

だけど、リハビリの先生が言うように
その方法が一般的だ。

それがわたしは悲しい。

もう大人だし、口はあるし、喋れるし
ある程度常識あるなら
話せばわかるでしょ。

何でも看護師さん頼って
コミュニケーション取らないないなんて
なんか寂しくて仕方ない。

人に注意をするというのは
なかなかのパワーだ。

できればしたくない。

だけど、わたしは言う時は言おうと思ってる。

その基準は

もし、それが
自分の父ちゃん母ちゃんだったら
言うか言わないか

を基準にしている。

その方が
愛があると思うから。

▼日本に24店舗しか導入していないプラズマメッドベッド体験はコチラから

https://www.takafuji-pj.site

-------------

▼初書籍『性と病〜マイノリティーな生き方〜』はコチラから

https://amzn.to/3xD7TFr

  • この記事を書いた人

クニサワアサミ

性別に悩み、白血病を患い、性別関係なく自分らしく生きると決意し、同時に骨髄移植をして人生2回目を今生きています。お仕事は医療機器を扱う営業マン。知識と経験から健康や医療のことは任せて\(^o^)/

-日記, 白血病
-, , , , ,